レイキについてのQ&A

Q. 手当て療法とは、宗教ではありませんか?

A. いいえ。レイキは、宇宙にある無限のエネルギーを用いますので、宗教とは全く関係ありません。 

  なので、どんな宗教をお持ちの方でも活用していただけます。

 

Q. 整体やマッサージとは違うのですか?

A. レイキはからだに触れなくてもエネルギーを流せるという意味で、整体やマッサージとは違います。 

  対面の場合は、直接からだに手を当てます。 場所によってはかざすこともあります。

  骨や筋肉、経絡などではなく、からだの周りにあるエネルギーへの働きかけを通して心身を癒します。             

 

Q.  レイキは施術者が気を出しているんですか?

A. いいえ。 施術者はレイキという宇宙にある自然エネルギーを自分のからだに取り込んでから、受け手に流す

  パイプの役目をしています。 施術者のエネルギーはまったく使いません。

  また送り手の意思を持つことなく、純粋にエネルギーの通り道になっています。

 

Q. エネルギーに働きかける・・・って?

A. 人間の体のなかにある無数のエネルギーポイント・チャクラの中でも重要な場所に順番に手を当てて、

  レイキを流します。 (ヨガなどでも使われる7つのチャクラが中心的なものです) 

  例えば、おへその下にある「丹田」もチャクラのひとつです。 

 

Q. レイキを受けると何か感じますか?

A. レイキのフルセッションはベッドに横になって受けて頂きます。 

  人によって感じ方はそれぞれですので一概には言えまんが、自分のからだが暖かく感じたり、深くリラックスされる

  ことが多いようです。   

  レイキは感じる感じないに関係なく、その人にとって必要なところに必要なだけエネルギーが入ります。 

 

Q. 「遠隔で送る」ってどういうことですか?

A. 施術者と受け手であらかじめ開始時間を決めて、離れた場所にいる受け手にヒーリングをします。

  エネルギーというものは 「時間や空間を越える」ので、遠隔療法が可能です。 距離も関係ありません。

  施術者は離れた受け手のエネルギーをイメージしながら、全身にレイキを送ります。 

  効果は対面ヒーリングと同じです。

   

Q.  「好転反応」とは何ですか?

A. ヒーリングを受けた後に、稀に、だるさ、頭痛、発熱、眠気などの症状が出ることがあります。 

 一時的な解毒作用ですので、静かに様子を見て水をたくさん摂って休むようにして下さい。

 また、からだの持ち主が意識をしていない箇所にエネルギーが必要な場合、思わぬところに反応が出ることもあります。 

 その症状も一時的な場合がほとんどですが、2,3日以上続いて気になる場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。

 

Q.  レイキを受けると病気が治りますか?

A. レイキ療法は病気を治すためのものではありません。

 ただ深い心身の癒しにより、気になるからだの症状が緩和することもあります。

 また、治療中の方もヒーリングを受けて頂けます。